Interview

生活を創る始まりの部署だからこそ、
変わり続ける自分でいたい

横浜支社 
商品MD職
2013年度
新卒入社
H.S

私たちの知らないところで
生活を支える「PALTAC」との出会い

就職活動を始めるまでは、卸売業という業態自体、あまりよく知りませんでした。ドラッグストアが大好きだったので業界研究をしていた時に卸の存在を知り、就活イベントのブースで初めてPALTACと出会いました。当初は、名前を知っている企業様にばかりに目が向いていたのですが、ブースで話を聞いて「私たちの知らないところで、私たちの生活を支えてくれている人たちがいるんだ」と好感を抱いたのが第一印象です。企業の説明を聞いて最も魅力だと感じたのは、様々なメーカー様の商品に関われることでした。こんなに多くの商品を扱える仕事は他には見当たらなかったですし、今でもこの仕事の魅力の一つだと思っています。また、就職活動を通してPALTACを知っていく中で、誠実で優しい社員の方と多く出会えたことも入社の意思決定を後押ししてくれました。

ひとつの視点・ひとつの立場に捉われない

営業職として入社し、3年目から現在の商品MD職として業務を行っています。商品部はメーカー様から商品を仕入れ、各RDC(大型物流センター)内の在庫を管理するMD(マーチャンダイザー)課と、仕入れた商品の伝票などを処理する商品事務課に分かれており、私はMD課に所属しています。MD課では各自に担当メーカー様が割り振られており、私は約50メーカー様・約3000アイテムの在庫管理をしています。メーカー様への発注が主な業務ですが、契約や利益に関する数字のチェック、返品の管理なども行います。商品の入荷や出荷、返品にかかるコストを最小化し、営業利益を最大化することがMD課の重要なミッションです。出荷履歴などの数字も大事ですが、気温の上下や風邪の流行状況など、肌で感じる情報を活かすことが、機械にはできない私たちの存在意義だと考えています。また、商品部は営業部と物流部の中間に位置する存在で、双方から様々な問い合せや依頼が来るため、社内の状況を常に把握し、俯瞰的な目線で判断を下すことも大切な役割だと思っています。

常に流通の最前線にあって、時代と共に変化し続けたい

私が常に意識しているのは「最前線にいること」。入社して7年目になりますが、PALTACを取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。小売業様の状況、メーカー様の状況、店頭での売れ筋商品や売り方など、ぼんやりとしているとすぐに置いて行かれてしまいます。商品部は基本的に内勤業務が多いので、外部の変化に敏感になること、それに伴い自身の考えも変えていくことを意識的に行うようにしています。これはキャリアを重ねても続けたい習慣です。全社的にも変化や挑戦を重視しており、フィールドは整っています。現場の状況の変化は、現場に近いポジションにいるほど気づきやすいものです。最前線に立つ社員一人ひとりが、自分たちの手で会社を変えるんだという意識を持ち、双方向のコミュニケーションが取れるようにしていきたいです。双方向のコミュニケーションが必要なのは社外に対しても同じです。消費者様のニーズ、各小売業様・メーカー様が抱える課題などを常に把握し、適切なご提案をしていくことで、当社のミッションである「豊かで快適な生活の実現」に貢献することができると思っています。

1日のスケジュール

8:30

出社
営業部からの発注依頼をチェック。朝礼で上司からの
伝達事項を確認後、メーカ様への発注開始

9:30

会議
支社上層部と担当メーカー様との月例会議に出席。
終了後、午前中の出荷企業の受注・欠品状況の確認、対応

12:45

社内業務
メーカー様との契約進捗状況の確認。物流部依頼の入荷トラブルに対応。午後出荷企業様の受注・欠品状況の確認、対応

15:30

商談
メーカー様より新商品紹介の商談

17:30

退社
翌日の発注リストの出表、発注業務開始後、退勤

オフの過ごし方

社会人になると、学生時代より自由な時間が短くなるのは事実ですが、その分、余暇は有意義に過ごすようになりました。長期休暇や有休を使って毎年2~3回は友人と海外旅行に。特に台湾が大好きで、半年に一度は行っています。よりディープな台湾を楽しむべく、独学ですが中国語も勉強中。今年は結婚で特別休暇をいただいたので、新婚旅行で1週間ハワイに行きました。ただ、どこの国に行ってもやはりドラッグストアはチェックしてしまいます。普段の休日は大学の友人と遊ぶことが多いです。友人はみんな全く違う業界で仕事をしているので、話を聞くのは面白いし、刺激になりますね。考えや知識が偏らないよう、余暇は可能な限り社外の人と会うようにしています。