新卒採用情報TOP > よくわかるPALTAC

よくわかるPaltac

Paltacの取り組み

明治31年の創業以来、私たちは小売業様、メーカー様、消費者といった関わるすべての人に対して「どんな貢献ができるか」と常に考え続けてきました。様々な革新的な取り組みを経て、現在、たくさんの小売業様・メーカー様とお取り引きいただく化粧品・日用品、一般用医薬品卸売業界のトップ企業となっています。
PALTACは、人々が常に求め続ける「美と健康」のナショナルホールセラー、また、全国どこでも小売業の業態の取扱商品に応じて幅広い商品群を一括して取り扱う業態卸として、PALTACにしかできない新しい付加価値を提供することで、売上・利益の向上による取引先の繁栄と消費者の豊かで快適な生活の実現に貢献し、すべての満足の実現を追求しています。

Paltacがめざすもの

生活が豊かになり、世の中にモノが溢れ返るようになった今、消費者はスマートフォンの普及やSNSの浸透により、商品に関する情報を容易かつスピーディーに得られるようになりました。これらの動きに伴い、消費者のニーズは劇的に多様化しています。
そういった市場の飽和・ニーズの多様化に伴って流通業界では、消費者が本当に求めるものを開発し迅速に効率的に店頭に品揃えすることが求められています。そのためには流通全体、サプライチェーン全体の効率化が必要不可欠です。

PALTACは、消費者ニーズが多様化し全国に小売チェーンが誕生する以前から、サプライチェーン全体の効率化を目指してきました。流通業界の役に立つこと、消費者の生活に貢献することこそが、PALTACの存在意義だという考えのもとに。
そしてこれからも、新たな価値を創造し業界を牽引する存在であり続けたいと考えています。

コラム

自然災害の発生にも迅速に対応

PALTACが扱う日用品や一般用医薬品といった商品は、消費者が日常生活を送る上で決して欠かすことのできないものです。たとえ大規模な自然災害や感染症の流行が起こったとしても、生活に欠かすことのできない商品を安定的に供給するという使命を果たすべく、リスクの想定や有事に備えた体制を構築・強化することで、社会インフラ企業としての役割を果たしています。
例えば、従業員・パートの安否確認に始まり、災害によるデータの紛失・損壊を防ぐためのシステムサーバの二重化やデータのバックアップ体制を整え、電力供給がストップするような状況でも継続的な商品供給を行えるように自家発電装置を全国の主要物流センターに設置するといった、事業の安定的な継続を念頭においた対策を講じています。また、迅速に的確に対応を協議できるような災害対策時の組織体制を構築したり、拠点間のやり取りをスムーズにするテレビ会議システムを導入するといった取り組みも行っています。